第4回千鳥ラボ 「直感でわかる眼球モデルづくり」

10月20日(金)、中間考査最終日の午後、第4回千鳥ラボが行われました。

今回のテーマは「直感でわかる眼球モデルづくり~見える不思議を体験しよう~」です。

15名の生徒が参加し、眼球の構造や脳の修正機能について、学習や実験を行った後、それぞれが眼球モデルの作製を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 科学技術人材育成 | 第4回千鳥ラボ 「直感でわかる眼球モデルづくり」 はコメントを受け付けていません。

学年集会(全学年)

10月20日(金)、2学期中間考査が終わり、各学年で学年集会が行われました。

 

 

 

2年生は4時間目に体育館で集会を行いました。

学年主任の話に続き、進路課学習係より、「予習→授業→復習」の基本サイクルの再構築の話がありました。第3回学習実態調査の結果をもとに、その場しのぎの学習の無意味さ、そして、一週間先、一ヶ月先といった長期的な目線で学習計画を立てることの大切さの話がありました。三年間の中で最も部活動と勉強の両立が難しい時期に、改めて自分の学習習慣を振り返ってみてください。困難なことや課題点から目をそらさずに、しっかり考え抜いて、自分の学習スタイルを確立してもらいたいと思います。

カテゴリー: 学校行事 | 学年集会(全学年) はコメントを受け付けていません。

2年合同保護者会

10月19日(木)に2年合同保護者会を開催しました。平日のお忙しい中、97名の保護者の方にご参加をいただき、大変ありがとうございました。

開会行事では、PTA副会長から「高校生活の折り返し地点です。学校にも慣れ、行事や勉強に意欲的に取り組んでいるようです。」 また教頭からは「進路についてしっかり親子で話し合う機会を設けてください。」と挨拶がありました。

続いて、河合塾進学アドバイザーの後迫充司氏から進路講演会を行っていただきました。大学入試全般から将来求められる力、家庭でできることなど多岐にわたる内容で、大変参考になりました。

 

 

 

学年団からの説明では、学年主任や進路課学習係、生徒課から、学年の近況や学習状況の報告がありました。

 

 

 

カテゴリー: PTA・保護者会 | 2年合同保護者会 はコメントを受け付けていません。

1年合同保護者会

10月18日(水)、午後から1年合同保護者会を開催しました。

会ではPTA副会長、教頭の挨拶に続き、進路講演会をベネッセコーポレーションの櫻井優一氏をお招きし実施しました。

続いて学年団からは、最初に学年主任が「学年の近況」について、次に教務課より「文理選択について」のお願いをさせていただき、最後に進路課学習係より「学習について」と題し、1年生の前半を振り返りました。

平日にも関わらず、100名を越える保護者の方々にご出席いただき、大変ありがとうございました。

カテゴリー: PTA・保護者会 | 1年合同保護者会 はコメントを受け付けていません。

生徒会役員選挙立会演説会

10月13日(金)、平成29年度後期生徒会役員選挙立合演説会が行われました。

今回、会長には2名、副会長には3名の届出がありました。立会演説会では、それぞれ応援演説の後、候補者が自らの経験や魅力をアピールし、清き一票を呼びかけました。

 

カテゴリー: 未分類, 生徒会活動 | 生徒会役員選挙立会演説会 はコメントを受け付けていません。

1年生ACT「地域学」笠岡市長講演会

10月12日(木)の2校時目に、「総合的な学習の時間ACT」の一環である「地域学」の初回として、笠岡市長小林嘉文氏(本校S54卒)による基調講演会が1年生を対象に実施されました。

「地域学」は、地域の実態について知り、地域が抱える課題について考えることにより、社会的問題に関する知識・理解を深め、社会参画力を身につけることを目的として、本年度より1年生が実施するACTの目玉となる探究活動です。

    

本校の卒業生でもある小林市長は、「帰ってこいよ 笠岡へ!」と題した講演の中で、笠岡市の現状と問題点についてグラフを提示しながら、わかりやすく説明をされました。さらにその問題点を解決するために、市長として実施している対策についても具体的にお話をされ、今後の探究活動の道筋を示してくださいました。

 

「地域学」では、今後「環境」「生涯学習」「都市計画」等の8つの探究テーマについてそれぞれグループに分かれ、フィールドワーク等の現地調査にも挑戦しながら、課題を発見したり解決策を模索したりしていきます。これらの活動を通して、社会と自らを関連づけて考える姿勢を身につけ、地域に誇りを持ち、将来地域を担い地域を創る人材の育成を目指していきます。

 

 

カテゴリー: キャリア教育 | 1年生ACT「地域学」笠岡市長講演会 はコメントを受け付けていません。

2年生ACT「ディベートゲーム」

10月11日(水)、2年生がACTの時間に「ディベート・ゲーム」を行いました。

ディベートは、興味の持てる身近な問題に取り組み、その課題を肯定側、否定側、様々な観点から考察することにより、物事を分析する能力や判断する能力、主張を論理的に構成する能力など議論を行う上で必要となる知的能力や意思決定能力を養うことをねらいとしています。

2年生は昨年度ディベートを経験しており、今回は2回目になります。これまでに6時間をかけて、リンクマップシートの作成やメリット・デメリットのリサーチ、立論シート・質疑想定シート・反駁シートの作成を行いました。

今回のテーマは「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである。是か非か。」です。

ディベートゲームでは、各クラスとも、情報収集がよく行われており、昨年にまして、自らの主張を相手側にうまく伝えることができるようになりました。

 

 

 

カテゴリー: キャリア教育 | 2年生ACT「ディベートゲーム」 はコメントを受け付けていません。

第2回オープンスクール・デー

9月30日(土)、平成29年度第2回オープンスクール・デーを実施しました。

今回は、授業公開、学校説明会、新制服お披露目、部活動見学の4つの柱で実施しました。授業公開には本校保護者31名、小学生3名、中学生151名、小中学生保護者29名、その他1名の計215名、学校説明会には中学生96名、保護者26名の計122名の方にご来校、ご参加いただきました。大変ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: オープンスクール | 第2回オープンスクール・デー はコメントを受け付けていません。

平成29年度科学エキスパート講演会

9月29日(金)、1年生を対象に平成29年度科学エキスパート講演会を開催しました。

今日は、岡山大学工学部機械システム系学科の亀川哲志先生(本校H7年卒)をお招きし「ヘビ型ロボットの多様な移動形態に関する研究」と題し、ご講演をいただきました。

蛇の動きを真似るだけでなく、それを超える動きをするロボットの実用化に向けた非常に興味深い内容でした。生徒からは、「母校の先輩が世界レベルの研究で人類に貢献していることに誇りを感じた」「小さい頃からものづくりに関心があったが、この講演を聴いて研究者の道にも興味を抱いた」などといった感想が寄せられました。

カテゴリー: 科学技術人材育成 | 平成29年度科学エキスパート講演会 はコメントを受け付けていません。

陸上競技部 男子400mH 第2位 女子円盤投 第3位

9月23日(土)・24日(日)に津山陸上競技場で第65回岡山県高等学校新人陸上競技大会が開催され、男子400mハードルで第2位、女子円盤投で第3位に入賞し、2名の選手が、10月13日(土)・14日(日)に山口市で開催される中国新人大会への出場権を獲得しました。

 

 

 

カテゴリー: 部活動 | 陸上競技部 男子400mH 第2位 女子円盤投 第3位 はコメントを受け付けていません。